沖縄でダイビングを楽しむ2つの方法

初心者の方が沖縄でダイビングを楽しむには、ダイビングショップに行って、「体験ダイビング」を楽しむ方法と「ライセンスを取得する」、2つの方法があります。

「体験ダイビング」とは、ダイビングライセンスを持っていない人も楽しめるように、ライセンスを持った経験豊富なインストラクターが付き添い、安全な指導のもとダイビングを楽しめます。

沖縄のダイビングショップでは、子供(※案内は10歳以上の方が多い)から大人まで参加できる体験ダイビングツアーを用意している所も多く、観光で記念にダイビングがしたい方や、ライセンスを取る前にまずは体験してからという方にお勧めです。

体験ダイビングのツアーでは、基礎知識から泳ぐ練習まで丁寧にインストラクターの指導を受けて本格的なダイビングへと進めていきます、プランによって体験の所要時間も異なります、4時間~8時間の様々なコースを用意しているダイビングショップも多いので、自分に合ったショップを選ぶといいでしょう。

「ライセンスを取得したい」という方へ、沖縄のダイビングショップでライセンスが取得できるプランを案内している所が多く、最短で2日あれば取得できるので、観光のついでにライセンスを取得も可能です。

ダイビングライセンスと言われていますが、正式な名称は「Cカード」と言います、この「Cカード」は、一般的に最初に取得するライセンスで、一定の技能講習を経た講習修了者へ発行する技能認定カードです、このカードは世界中で認識され、日本で取得しても世界中の海ででダイビングすることが出来ます。

「Cカード」は1種類だけではなく、水深12m(スクーダイバー)・水深18m(オープンウォーターダイバー)・水深30mまで(アドヴァンスド・オープンウォーターダイバー)とランクがあり、最初に取得可能なオープンウォーターダイバーが人気で取得する方も多いです、オープンウォーターダイバーになると初心者レベルですが、機材の手配も自由にでき、バディと協力しながらダイビングを楽しめるようになります。

指導団体の違いによりライセンスの内容は異なり、ランクも異なるので、代表的な指導団体(PADI・SSI・NAUI)の認定が取得できるお店を選ぶのがオススメです。

恩納村ダイビングライセンス