沖縄の青い海でダイビングライセンスを取得!

沖縄と言ったら何を連想しますか?

多くの人は『綺麗な海!』と答えるのではないでしょうか?

そんな沖縄のきれいな海で実際にダイビングをしながら公式ライセンスが取得できるコースが人気を集めています。

ダイビングを始める方法としては体験ダイビングとして毎回講習を受け、インストラクターがつきっきりで浅い海に短時間潜る、いわゆる体験ダイバーと1日~の講習と実技を受けライセンスを取得して国内外で自由にダイビングを楽しむことが出来る認定ダイバーになる方法があります。

また取得するライセンスは正式にはCカードという認定証が発行され、こちらが『ダイビングに必要な講習を受け知識・技能が身についています』という証明となります。こちらのCカードを見せれば、世界中のダイビングショップでダイビングに必要なレンタル機材を貸し出してもらうことが出来、各地でダイビングを楽しむことが出来るのです。
逆に言えば、このCカードがなければ、ダイビングを楽しむことはおろか、空気ボンベや機材なども貸してもらえないということです。

ダイビングライセンスを発行する指導団体にも種類がありますが、日本で最もメジャーなのはPADIです。こちらではPADIで定められた規定に沿って説明していきます。

認定証となるCカードはその中でランクが分かれており、初心者が初めに取得できるライセンスは以下の2つです。

①スクーバダイバー(PADIのプロが引率することを条件として、12mまで潜ることが可能)
②オープン・ウォーター・ダイバー
(同等以上の資格を持つダイバーと一緒に、18mまで潜ることが可能。また、基本的なスキルの他、安全にダイビングを楽しむための知識も取得)

どちらも2日で多くの人が取得できるライセンスです!

沖縄の澄んだ海で可愛い魚を見ることが出来る体験はとても素敵な思い出になること間違いありません。

沖縄旅行を兼ねてその後もずっと楽しめるダイビングライセンスを取得してみてはいかがでしょうか。

エモンズ 沖縄の沈没船ダイビング