沖縄ダイビングはライセンスを持っていなくても可能

ダイビングをするにあたっては、ライセンスが必要ということを知っている人も多いでしょう。
しかし、ダイビングというのはライセンスがないと全く行えないというわけではありません。
ライセンスを持っていない人がダイビングをするという方法は実は存在するので、沖縄に旅行に行ったときにライセンスを持っていないからという理由でダイビングをあきらめる必要はありません。
私の場合もライセンスを所持していませんでしたが、ダイビングを楽しむことができました。
それはどんな方法か?というと、体験ダイビングというもので、これを利用するとライセンスすら持っていない初心者でもダイビングを楽しむことができます。
そして、沖縄はダイビングショップが特に多くあるため、そういった機会を作りやすいというのが利点であり、私はいろいろなダイビングショップがある中でどこがいいか?迷ってしまったくらいですから。
沖縄はダイビングにも適していますが、体験ダイビングをするにあたっても望ましいエリアになるのです。
体験ダイビングというのはそもそも何か?というと、インストラクターといったダイビングに長けた人たちと一緒にダイビングをするというもので、初心者でも安心の環境があるのです。
初めてダイビングをやるとなると、不安の気持ちは結構大きいです。
特に私は泳ぎが得意ではないので、そういった面でもちゃんとダイビングできるのか?とか、不安でしたけどインストラクターの人の指導のおかげで、ダイビングの形に十分なっていたと思いますし、私自身も楽しむことができました。
沖縄の海は特に綺麗ですし、眺めているだけでも楽しいですけど、その海に潜って海中を見るというのはさらに面白いと感じさせてくれました。
体験ダイビングで満足しないで、いずれはライセンスをとってみたいなと思っていますが、ライセンスを持っていなくても沖縄ダイビングはできますし、楽しい経験も十分に得られると思いました。

沖縄のダイビングショップでライセンス取得

沖縄へ旅行へ行くことになり、ついでにダイビングショップでライセンスの取得も検討していたので人気のライセンスや種類を事前にネットでチェックしておきました。秋休みを取って少し長めに沖縄へ滞在したいと思っていたので、ちょうと口コミで人気があるダイビングショップを見つけたので、メールで問い合わせをして聞いてみました。

ライセンスの取得について必要な日数や費用など、詳しい内容を聞き、とても対応がスピーディで宿泊込みでお得なキャンペーンを実施しているダイビングショップもあったので利用してみることにしました。ライセンスの種類も多々あり、オープンウォーターダイバー取得コースなどあったので利用してみました。

ダイビングのベストシーズンは10月からの2ヶ月間とのことで、人も少ないし透明度も高くダイビングには最適なシーズンなので沖縄へ行くことにしました。けっこう料金もお得になっていましたし、台風の心配もなく逆に秋頃がベストシーズンだと実感しました。

ダイビングでは青の洞窟など行ってみたいし、色々と見学して楽しみたいと思っていたので、沖縄到着した翌日からしっかりライセンス取得のため、ダイビングの実技や筆記の勉強など必死で行いました。目標があったから頑張ることができ、他にもけっこう参加していたので色々と話しながら励みになるし、程よい刺激で仲間もできたので嬉しく感じました。

ライセンス取得するためにダイビングショップでは様々なプランを用意してサポートも充実しているので、昼間はしっかいrとダイビングに集中し、夜はバーベキューなど行い参加者との交流も楽しいので、かなり満足度も高いので安心して参加することができました。人気があるダイビングショップなので、きっちり予約制ですし、色んな面でサポートが充実しているのでダイビングの取得ができ、ダイビング取得した仲間と一緒に青の洞窟を探索することもできたので、よき思い出になりました。

沖縄のダイビングについて

沖縄でダイビングをしようと計画することもあるかもしれません。沖縄でダイビングをする際は、沖縄のダイビング状況について知っておくことが大事になります。

沖縄でダイビングを行う際には、ダイビングショップを利用する必要があります。沖縄のダイビングショップでは安全で安心してダイビングを利用するためのノウハウを教わることもできますし、いろいろなダイビングのスポットを教えてもくれます。体験ダイビングを行うこともできます。沖縄は場所によってダイビングショップの種類もたくさんあるので、どこの場所に行ってもダイビングショップでを利用することができます。

また、沖縄でダイビングを行う際はライセンスが必要になります。
ライセンスが無ければ自由にダイビングをすることができません。
ダイビングのためのライセンスはダイビングショップで取得することもできます。
コースを選ぶことができ、コースによってダイビングに必要な知識やスキルを身に付けていくことができます。
ライセンスを取得するのはライセンスの種類やダイビングショップによって日数が違いますが、大体3日もあれば取得できます。
受講資格としては10歳以上であれば受講することができます。
ただ、14歳まではジュニアダイバーとなります。
ライセンスを取得すれば水深18mまでダイビングすることが可能になります。
インストラクターを付けなくてもダイビングできます。

沖縄でダイビングをするならば人気のスポットでダイビングするのが良いです。
人気スポットであれば、真栄田岬や大度海岸などがあります。
真栄田岬では、初心者でも潜りやすくなっており、洞窟の中の海水が海底や周りの岩肌に反射した光がとても綺麗に写り神秘的な景色となります。
大度海岸では、沖縄の熱帯魚を鑑賞することができます。
沖縄の熱帯魚は色鮮やかであるので、とても美しいですし、ウミガメを見る機会もあります。
このような場所でダイビングすると良いです。

言葉が通じるという強み

沖縄でダイビングショップに通いライセンスを取得するのであればPADIライセンス取得できるダイビングショップがお勧めです。おすすめとしては沖縄の人気のあるダイビングショップであればどこでもよいと私は思います。

その理由ですが、確かに海外でも同じ様にダイビングのライセンスを取得することは出来るのですが大きな問題として言葉の壁がありまして英語なんかが出来ないとまず、初心者の中の初心者で海に入ったことが無い人だと多分挫折すると思います。

その点、沖縄のダイビングショップは日本ですから初心者でも十分数あるPADIのさまざなな種類のコースを選ぶことが出来ます。まったくのズブの素人ならオープンウォーターコースのダイバーになるだけのライセンスがありましてこちらを取得してからダイバーさんとともに海に潜ると良いでしょう。

もっとうまくなりたいのであればアドバンスド・オープンウォーター・ダイバーとかレスキューとかのクラスがあるのでそちらを受講すればいいと思います。私がこのお店をお勧めする理由ですがレンタルする機器の料金がかなり細かく書かれてるダイビングショップもありまして、もちろんショップでウェットスーツ以外を借りる場合であっても料金を確かめてから借りることが出来ます。

料金の価格ですがこれは、こういったレンタルする機器の料金も海外でライセンスを取る際別料金だったりと後でもめたりすることがあります。言葉が通じれば、そういったことは事前に分かるのですが海外だと結構分からずに終わってから請求されることもあります。

特に人気のある海外の観光地だとそういった後から請求されるということが結構ありました。

ですが日本の場合、日本語で会話していますからそういったことはありませんし、人気のあるダイビングショップとかは事前にネットでも予約できますから問題が起きにくいです。お勧めとしては事前に予約をして何時何時までに到着することをお店に知らせておくとお店によっては潜る準備までしてくれています。

ダイビングに興味があるのであれば一度は青い沖縄の海を泳いで見ても良いと思います。

ダイビング初心者でも大丈夫!沖縄でライセンスを取得

外から眺めるだけが海の魅力ではなく、海の中に潜ることで更に迫力ある美しい世界を楽しむことができます。しかし、海中へ長時間潜るにはダイビングテクニックが必要です。インストラクターに案内されるだけの体験コースであれば資格などいりませんが、もっと広い海の世界を楽しみたいのであれば、資格を取得するのがおすすめです。

ダイビングの人気スポットとして沖縄があまりにも有名です。現地にはダイビングのライセンスを取得できるダイビングショップが多数存在します。初心者でも行いやすいよう、資格の種類を段階的に分けているため、自分のレベルに合わせて無理なく学べるのがメリットです。ショップで取得できる資格はCカードと呼ばれており、これは世界中で知られている資格なので県内や日本国内だけで通用するものではありません。

海外でダイビングを楽しむときにも県内で取得したCカードが通用し、とても便利です。資格取得にはある程度の日数がかかります。短いものなら1日で取得できます。一般的には1.5日~4日で取得できるコースが目立ちます。比較的初心者向けで利用者の多い資格を取得すると、18メートルの深さまで潜れます。

ショップによって料金が違い、5万円前後の相場です。ただ、時期によっては数万円も安い特別価格のコースを提供するショップもあるため、情報収集を忘れないようにしたいところです。学習内容として教材を使った自主学習と、現地のプールや海でインストラクターに教わりながら潜る実習を行います。

自主学習を事前に自宅で行っていれば、現地での講習を短時間で終わらせることができます。基本的にこの流れで利用する人が多めです。

ダイビングに必要なものはショップでレンタルできるため、必要最低限のものを用意するだけで済みます。水着やタオルなど、ショップが指定するものを持参しましょう。送迎サービスを提供するショップを選べば、土地勘のない地方の人でも迷うこと無く目的のショップへ向かうことができて安心です。