エモンズで経験した沈没船の魅力とワールドダイビング

地球は美しい青色をしている星です。この青色が何かご存じですか。それは海であり、地球の約60パーセントが海が占めています。私は子供の頃から、泳ぐのが好きでした。島根県出身ということもあり、常に家の前は日本海を眺められる環境で、夏になったら父や祖母と一緒に海水浴を楽しんだものです。

そして我が家は漁師の家系でもあり、定期的に漁船に乗って沖合で漁もしていました。生活の一部が海であったことから、いつの間にかダイビングを仕事にしたいと思ったものです。20歳の時に国際的なライセンスであるワールドダイビングを手に入れ、世界各地の海を潜ってその映像を撮影するダイバーとなっています。そこでここでは、私が経験したエモンズ旅行の思い出をご紹介していきましょう。

エモンズは赤道直下となるグアム諸島にある島で、世界有数のダイビングスポットです。グレートバリアリーフと呼ばれるサンゴの群生地もあり、世界中からダイバーが集っています。その魅力は沈没船の探索であり、なかには大航海時代の海賊の船も沈んでいるほどです。私はどうしても第二次世界大戦時に沖で沈んだussエモンズの内部を見てみたくて、クルーに参加をしました。参加をしたのはアメリカ・イギリス・ウクライナ・ドイツ、そして韓国の方々で計30名の大所帯となりました。

私が最年少でまだワールドダイビングの経験も浅かったのですが、映像記録係りを任せられてビデオを持参したわけです。沈没船の探索は1時間しか時間がなく、水深40mもの深い底に潜らないといけません。タイムリミットとの戦いと水圧も相まって、とても緊張をしたものです。そして潜るのは昼間で晴天時のみと限定もされたので、大変なものでした。9月に訪れたこともあって、幸いにも天候には恵まれています。エモンズでは沈没船に挑むクルーにはブーケが贈られ、これを捧げることで沈没船で命を落とした方々の魂を鎮められるというい伝えもありました。

USSエモンズの姿は確認はできたものの、予想以上に深い場所にあり、内部にまで到達をすることは今回はできません。非常に悔しい気持ちでいっぱいでしたが、またワールドダイビングに挑戦をしたいという意気込みを持って帰国をしました。エモンズでは綺麗なサンゴを目にでき、これだけでも貴重な経験をしたものです。これからこの地を訪れる方がいたら、ぜひワールドダイビングでダイビングライセンスを取得していかれると、いい思い出作りができます。

エモンズ(USS Emmons)ダイビング・沖縄最大の沈没船

沖縄恩納村ダイビングショップはワールドダイビングがおすすめ

沖縄は日本でも人気の高い観光地ですが、リゾート気分を味わえることはもちろん、美しい海もとても魅力的です。私は、泳ぎにあまり自信がないこともあり、少し前までは海は遠くから眺めているだけでした。でも、せっかく沖縄に行くなら、やはり美しい海に実際に入ってみたいという思いがあったのです。
友人や知人に聞いたところ、ダイビングのライセンスを取るのはそれほど難しくないとのことでした。とはいえ、まったくの初心者ということもあり、まずは体験ダイビングに参加してみることにしたのです。
沖縄には多くのダイビングスクールやダイビングショップがあるので、情報を調べてみることにしました。口コミや評価などから恩納村ダイビングショップやワールドダイビングが安心して利用できるなと感じたのです。

まずは、恩納村ダイビングショップの体験ダイビングに申し込むことにしました。
こちらでは、様々なライセンスコースも用意していますし、少人数制のファンダイビングも魅力がありました。
ダイビング経験がないということもあり、体験ダイビングから始めることにしました。すべて一組完全貸切ということもあり、しっかりと指導を受けられそうです。水着とバスタオルがあれば気軽に参加できるのも良かったです。WEBからの申し込みなら、格安キャンペーンが利用できるのもお得でした。体験ダイビングコースも色々とあるので、迷いました。青の洞窟やジンベイザメも魅力でしたが、本当に経験がないこともあり、まずは恩納村周辺の人気スポットにすることにしました。泳ぎには自信がなかったのですが、呼吸などの練習もしっかりと指導してくれたので安心して参加できました。浅い深度でしたが、実際に見た美しい海の風景は一生の思い出になりました。より技術を磨いて、色々な海の姿を楽しめるようになりたいと感じました。

ワールドダイビングも、やはりまずは体験ダイビングから申し込みをすることにしたのです。こちらも、恩納村ダイビングショップと同じく完全貸切りのプライベートスタイルです。ひとりでも気軽に参加できるのも良かったです。ワールドダイビングでも、様々な体験コースが用意されていましたが、まずは沖縄本島周辺の体験ダイビングに参加することにしました。こちらでは、クマノミなど様々な鮮やかな魚の姿を楽しむことができました。知識がない時は、泳ぎが達者でないとダイビングは難しいものと思っていたのですが、実際に参加することで水泳とダイビングは全く違うものだということもわかりました。体験ダイビングだけでも、とても楽しめましたが、いつかはライセンスも取得して、より自由に海を楽しみたいと思っています。

恩納村ダイビングショップ – 沖縄恩納村のワールドダイビング

沖縄ダイビングはライセンスを持っていなくても可能

ダイビングをするにあたっては、ライセンスが必要ということを知っている人も多いでしょう。
しかし、ダイビングというのはライセンスがないと全く行えないというわけではありません。
ライセンスを持っていない人がダイビングをするという方法は実は存在するので、沖縄に旅行に行ったときにライセンスを持っていないからという理由でダイビングをあきらめる必要はありません。
私の場合もライセンスを所持していませんでしたが、ダイビングを楽しむことができました。
それはどんな方法か?というと、体験ダイビングというもので、これを利用するとライセンスすら持っていない初心者でもダイビングを楽しむことができます。
そして、沖縄はダイビングショップが特に多くあるため、そういった機会を作りやすいというのが利点であり、私はいろいろなダイビングショップがある中でどこがいいか?迷ってしまったくらいですから。
沖縄はダイビングにも適していますが、体験ダイビングをするにあたっても望ましいエリアになるのです。
体験ダイビングというのはそもそも何か?というと、インストラクターといったダイビングに長けた人たちと一緒にダイビングをするというもので、初心者でも安心の環境があるのです。
初めてダイビングをやるとなると、不安の気持ちは結構大きいです。
特に私は泳ぎが得意ではないので、そういった面でもちゃんとダイビングできるのか?とか、不安でしたけどインストラクターの人の指導のおかげで、ダイビングの形に十分なっていたと思いますし、私自身も楽しむことができました。
沖縄の海は特に綺麗ですし、眺めているだけでも楽しいですけど、その海に潜って海中を見るというのはさらに面白いと感じさせてくれました。
体験ダイビングで満足しないで、いずれはライセンスをとってみたいなと思っていますが、ライセンスを持っていなくても沖縄ダイビングはできますし、楽しい経験も十分に得られると思いました。

© 2023 沖縄で人気のダイビングショップを徹底比較・厳選10選, All rights reserved.